2007年06月26日

士業者も経営者

社太郎デス! ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
 
★本日のランキング情報@!!!士業ブログランキング
★本日のランキング情報A!!!人気blogランキング



『ただ漠然と事業を始めようと思うだけではダメだ』
『そして失敗しても諦めないこと』
『ラストチャンスの時だけは失敗しないように』
 
スポーツ産業の世界的メーカー・ナイキ社のフィル・ナイトの言葉です。

『およそ事業をするのに必要なのは、する力ではなく、それをやり遂げようという決心である』
byエドワード・ジョージ・アール・ブルワー・リットン(1803〜1873)

オナマエ━━━Σ(ロ゚|||ノ)ノ━━━ナガッ!?
 
当り前ですが、士業者も「経営者」で御座います!
 
士業はサービス業であり「商人」でもあります。ご批判もあるかと思われますが、少なからず私はそう思っております。
 
しかし扱っているものは物ではなく法律です。社会保険労務士は、労働及び社会保険に関する法令をマスターしています。しかし、ただ知っているだけでは宝の持ち腐れに過ぎません。
 
これらの法律を活かし社会に貢献しなければ何の役にも立たないし、どんなに優れた知識やスキルを持っていても、それを活用出来なければ何の意味もありません。
 
商人が利益向上を目標とするのは当り前のことですが、法律実務家である士業者たるものが、利益追求するあまりコンプライアンスを無視していたというのでは話になりません。故に法律実務家であるという意識も絶えず必要だと考えております。
 
故に社労士としての私の信条は…。
 
『行動派たれ!』
 
『実務派たれ!』
 
『武士(もののふ)たれ!』
 
以上であります!

サムライを名乗るからには、命を賭けて家職を全うする、1つのことをやり遂げるという、サムライ魂は常に意識し続けていきたい!


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
【関連する記事】
posted by 社太郎 at 13:38| Comment(43) | TrackBack(4) | 独立開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職・転職・独立

社太郎デス! ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
 
★本日のランキング情報@!!!士業ブログランキング
★本日のランキング情報A!!!人気blogランキング



税理士や社会保険労務士は、サムライ業ともいわれます。それは、○○士と資格名の最後に武士の士が付くからであります。
 
社会保険労務士で食べていくのは、なかなかに難しいと思う今日この頃でありますが、独立する、開業すると、一度志を立てたことを断念してしまえば、ただの腰抜け(泣)!負け犬(泣)!決してサムライに在らず(辛)!
 
ま、偏狭の一言に尽きるやもしれませんが(笑)!
 
現代のサムライ・士業者に限らず、ビジネス戦士達は就職・転職・独立と選択の場に遭遇した場合いかにあるべきなのか…!?
 
世界に誇る日本人のアイデンティティーとは何か…!?求めようとすれば『武士道』に辿り着くといわれます。
 
最近の武士道ブームといえば、エドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ主演のハリウッド映画『ザ・ラストサムライ』でしょう…。武士道を好意的に評価している映画で、大ヒット作でした!
 
「武士道は、日本の象徴である桜花に勝るとも劣らない、日本の土壌に固有の華である…」からはじまる新渡戸稲造博士の『BUSHIDO』は読破しましたし、「武士道というは死ぬことと見つけたり」という一文で知られる、佐賀藩鍋島家の武士道教本『葉隠』も読みふけっていたこともある変人マニアックなワタクシです(笑)!
 
『葉隠』は、かの三島由紀夫が学生時代から愛読し影響を受けたといわれる書。『葉隠』には、「死に狂い」などの一見過激な言説が見られるので、ある時期までは禁書とされていたとか…。
 
『葉隠』が有名になったのは、昭和の戦争の時代になってからだそうです。何も考えず、ただ主君のために死ぬという考えが、きっと軍国主義には都合のよいものだったからでしょう。
 
「武士道というは死ぬことと見つけたり」の一文は、過激な表現ですが、玉砕精神や特攻精神を謳っているわけではありません。
 
この一文には次のような文章が続き、葉隠武士道のエッセンスが込められております。
 
「二者択一の場に遭遇したときは、死ぬ確率の高い方を選べ。それは難しいことではない。腹をすえて進め。(中略)もし武士が生き延びる道を選択した場合、うまく生き残ったとしてもそれは腰抜けになってしまう。しかし、選択を誤りもし死んでしまったとしても、それは恥にはならない。これが武士道でもっとも大切なところである。毎朝毎夕、常に死ぬ覚悟をしていれば自由な境地に達し、家職をまっとうすることが出来るだろう。」
 
『葉隠』は武士が恥をかかずに生き抜くための教訓であり、心構えを語っているので御座います。
 
一度志を立てたことを断念してしまえば、ただの腰抜けだと!ぷぎゃぁぁ(泣)!
 
上手くいかず死ぬことになっても、「キチガイ」だというだけで恥にはならぬのだと。

…。

…。

…(汗)。
 
ま、「キチガイ」だと思われるだけで恥の様な気もしますが(爆)!
 
武士道の一番大切なところで御座います。常住死身の心がけを持つことで、自在の境地に達し、かえって落ち度なく、家職を全う出来るというのであります。
 


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 02:25| Comment(1) | TrackBack(8) | 独立開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

哀☆企業戦士

社太郎デス! ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
 
★本日のランキング情報@!!!士業ブログランキング
★本日のランキング情報A!!!人気blogランキング



現在の企業を取り巻く状況として、『コンプライアンス経営』が盛んに叫ばれております。
 
法令違反を犯した結果、倒産にまで追い込まれた企業すら存在しております。しかしながら、特に中小零細事業所の現場を見ていて思うのは、労務面でのコンプライアンス(法令遵守)は、認識が不足しているどころか、皆無に等しいような事業所すらあったりします。
 
これは経営者の意識の問題でしょう。
 
「恐いのは国税だけだょ」-y( ̄ ̄Д ̄ ̄)。oO○フゥー
 
とかいいながら…。
 
(  ̄. ̄)y─┛i_( ̄_ ̄ ) マァ…、イップクドウゾ!
 
「残業代なんて何処の会社も払ってないだろ!」
 
「社会保険なんて入ったら会社が潰れるぢゃん!」
 
マッタク…。-y( ̄ ̄Д ̄ ̄)。oO○フゥー
 
と、よく聞く話ですし、お気持ちもご理解出来ますが(笑)。
 
「まず第一に、貴方に人を雇う資格なし(辛)!」
(ノ ̄□ ̄)ノオオオォォォォ!ミ((ノ_ω_)ノバタ
 
この一言に尽きます(汗)!
 
更には毎日毎日、殺人的な残業やら休出まで課していたりと、基礎的な労働法の知識や実務すら持ち合わせないまま、また知っていたとしても無視して、一方的な論理で運用していたりと正に無法地帯!
 
法律上では『労働者と使用者は対等』となっていますが、どちらが強いかといえば、雇う側が強いに決まっていると考えている経営者は絶対的に多く、昔から経営者の自己チューな意識はあまり変わっていないのでしょう。
 
サービス残業をさせていたり、強制適用でありながら社会保険に未加入であったりすること自体が、全て自分の利益になっているということすら認識していない経営者までいたり…(汗)。
 
これでは企業戦士なんて育つハズありません。従業員の会社に対する忠誠心も低下傾向にあって当たり前。
 
また、問題や不満が発生した場合に、監督署などにチクりに行くことへの抵抗もかなり無くなってきているようにも思えます。
 
コンプライアンスを無視し、これまでと同様に会社の一方的な論理で労務管理を行い続けていれば、仮に労使トラブルが発生し、例えばサービス残業などが問題になった場合、数十から数百、数千万円程度の出費も覚悟していたほうが良いでしょうし、従業員としても、サービス残業のあるような会社で働いていてもモチベーションが続くハズないですから乗換えられても当然でしょう。
 
結果、企業業績に及ぼす影響も大きいということを、経営者はもっと認識していくべきではないかと思う今日この頃であります。


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 人事労務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイトレーダー型

社太郎デス! ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
 
★本日のランキング情報@!!!士業ブログランキング
★本日のランキング情報A!!!人気blogランキング



終身雇用制が崩壊し、「転職」するということが、ごく一般的な時代になりました。
 
労働力の流動化・多様化、成果主義の導入、労働者の職業に対する意識の変化などからそうした傾向にあるのでしょう。
 
ひと昔前までは「会社の目指す方向に自分を合わせる」という就業スタイルが常識でしたが、今では「自分の目指す方向に近い会社を選択する」、「よりよい待遇の会社を選択する」という考えで職業や会社を選択する傾向にあります。
 
「デイトレーダー型」「発行ダイオード型」などとネーミングし、「企業戦士」型の人材に育てようとすると期待を裏切られると注意まで喚起している始末でありますが…

労働者の視点に立てば、このような傾向に私はあまり否定的ではありません。
 
実際に転職したことで、以前の会社では発揮できなかった才能が開花し、結果的に高い評価を受けるようになったという人も実際に大勢いたりするのも事実だからです。
 
労働者的には、
 
『会社の方向性に自分を合わせる』
 
『会社とともに自分も成長する』
 
という考えは確実に薄れてきています。
 
今の時代は「損得勘定」だとか、若しくは「自分のやりたいことのため」に働くのが一般的になってきたということでしょう。「会社の目指す方向に自分も合わす」だとか「会社の為に働く」という考えは、もはや完全に時代に逆行しているといえます。
 
また問題が発生した場合に、行政機関へ申告を行なうことへの抵抗もかなりなくなってきているようにも思えます。実際問題として、業種、規模を問わず、個別労使紛争の増加は顕著であります。 
 
中小企業においても、労働分野でのコンプライアンス、労務管理上の問題点を把握、改善して、問題発生を事前に予防し、従業員満足の向上を図っていくということは必要不可欠な時代になってきたといえるでしょう。
 
いつまでも過去の常識ばかりにこだわり、嘆いていても前には進めません。環境の変化に柔軟に対応していくことを考えていかなければなりません。
 


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 人事労務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

継続は力なり

★本日のランキング情報其ノ壱!士業ブログランキング
★本日のランキング情報其ノ弐!人気blogランキング



継続は力なりといいます…。
 
今回、独立開業する前に、練習で何が何だかよく分からずにやっていたブログと同じタイトルで再び立ち上げ直しました…(汗)。
∩(# ̄Д ̄)∩スミマセン…
 
人気ブログランキングとにほんブログ村のランキングサイトにも登録いたしました。
(v ̄ω ̄(v ̄ω ̄(v ̄ω ̄)イエーイ♪
 
しかし今回は、ランキングの順位より、ブログを長く運営し続けていくことに力を入れてきたいと思っております。
 
けど、やっぱり上位のほうには行きたいかな…(汗)。
モォヤダァー!!!(((((/∇\*)ドンッ☆ノ_ _)ノ

とは思います…(爆)!
 
ま、無理せずのんびりと続けます(笑)
どーぞ宜しくお願い致します。


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 02:07| Comment(2) | TrackBack(1) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

侍とは渡り者

毎年、時代の雰囲気と新入社員の特徴を取り上げてネーミングを行っている財団法人社会経済生産性本部は、今年4月の新卒新入社員を、1日に何回もの株取引を行なって利益を確保するデイトレーダーのように、常によい待遇やよい仕事を求めて会社の乗換えを目論む「デイトレーダー型」と命名(笑)!
アタ ヘ( ̄□ ̄;)ノミヽ(; ̄□ ̄)ノ フタ
 
その前は、確か「発光ダイオード型」「ネットオークション型」だったよーな気が…(笑)!
 
「企業戦士」型の人材に育てようとすると期待を裏切られると注意まで喚起する始末(爆)!
(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ-
 
現代ビジネスマンの行動基準は、どっちが得か損かの合理的精神であり、また、打算主義に他ならないということでしょう。
 
ヾ(; ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄;A 汗汗・・・
 
話は変わりますが、世界に誇る日本人のアイデンティティーとは何かを求めれば「武士道」に辿り着くといわれます。
 
新渡戸稲造博士は「武士道」に於いて「義」を最高の徳目に掲げておりますが、戦国武士が忠義一筋を貫いたかといえば、実はそうではないらしい(笑)!
Σ(!? ̄Д ̄)゚Д゚)・Д・) エェーッ!!
 
「七度主君を変えねば一人前とは言えぬ」とも言われたそうで、戦国武士が忠義一筋に生きたかというのは、ただの幻想に過ぎないのであります。
 
戦国時代、武辺モノ(腕に覚えのある者、軍略家)は、自らに相応しい主君を求め彷徨い続けたとのこと。
 
すなわち「侍とは渡り者」
 
一つの会社に定年まで勤め上げる(終身雇用制)というのは、戦後に生まれた歴史の浅い美徳に過ぎないということでしょう。
 
結局、何処で何をして働くかというのは、個々人の自己の責任のうえでの自由な選択に他ならないのです。
 
自分の力が発揮出来るかどうか、また勤務時間、賃金などから、働く価値があるかどうか。うまくいく人もいれば、そうでない人もいるわけですから。
ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ あぅあぅ・・・
 
ただ、打算主義に走るがあまり、社会人として守るべき公徳心を忘れ、人情を無くし、私利私欲を満たしているだけであれば、いずれ身を滅ぼすだけでしょうけど…。

 
にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 人事労務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

美しい職場へ

皆様、どーもはじめまして!
 
社太郎と申します!
 
ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ
 
開業してすぐ業務に忙殺されておりました(大笑)♪
ま…、あんまり儲かってないスけど(泣)
 
業務も少し落ち着いてまいりましたので、にほんブログ村・士業ブログランキング復活で御座います(笑)!
 
またまた、ただ変人マニアック的自己満足の世界に浸りたいがためだけに、ハンドルネームを使用しております(笑)!
 
正体はただのショボショボ君ス(笑)!
アタ ヘ( ̄□ ̄;)ノミヽ(; ̄□ ̄)ノ フタ 

さて、
 
近年、終身雇用制の崩壊、労働力の流動化・多様化、成果主義の導入などから労働者の職業に対する意識は変化してきていると言われております。
 
労働トラブル・個別労使紛争の増加も顕著であります。
 
労務管理上の問題点の改善とコンプライアンスの遵守、従業員満足度の向上、これからの人事労務管理はいかにあるべきか!?
 
独自の視点からブッタ斬っていく所存で御座います。
 
ま、すぐ飽きるかもしれませんが(笑)!
 
どーぞ宜しくお願い致します。m( ̄_ ̄m)ドウゾヨロシュウ


にほんブログ村 士業ブログへ士業ブログランキングへ m( ̄_ ̄m)ポチットオネガイシマス!
人気blogRanking.gif人気blogランキングへ m( ̄_ ̄m)コチラモポチット!
posted by 社太郎 at 21:39| Comment(4) | TrackBack(1) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。